差押は固定資産税などの市税滞納や経営者の方の国税及び地方税などの滞納によるものが多いようですが住宅ローンや事業資金の支払いが滞りやがて代位弁済され、競売の申し立てが成されます。この場合も不動産は差し押さえられます。以下のようなケースが多く見られます。

ほとんどの方が「あれっ」という間に最後まできてしまい、裁判所に公示されてからあわてられる方が非常に多いです。しかし一旦競売の通知を受けた場合、任意での売却が困難なケースも多く、実際に任意売却を成功して競売の取り下げに成功される方は10%程度です。