大阪専門!マンション売るならプラスサポート株式会社
 
ホーム>>お客様の声


(お客様よりご了解の下、実名でご紹介しています)

大阪市北区 原田様
私は長年大阪老舗ホテルでコックをしていました。しかし突然の倒産、私はすぐに再就職しましたが事情で退職し、とうとう無職になってしまいました。 ホテル在職中に購入した新築マンション。住宅金融公庫のゆとり返済を選択しましたが、最終的にはこれが私にとって大きな負担となり無職になってからは蓄えも底をつき、とうとう滞納するようになりました。そして固定資産税やマンションの管理費まで払えずどうしようもなくなりました。このどん底の時にプラスサポートさんと出会い、全てを託しました。そして無事マンションは任意売却に成功し退去資金も頂きました。競売になっていればこの退去資金も頂けなかったので本当に助かりました。販売をお願いしてからは督促も無く気が楽になりましたし、予定通り売却できホッとしました。 本当にありがとう御座いました。
神戸市兵庫区 谷口様

私は離婚後単身でマンションを震災融資で購入し、商売をしておりました。両親は高齢で面倒を見る身内もおらず心配していた矢先、住宅ローンの支払いがドーンと増えました。不景気により収入が減り、住宅ローンは増え、とうとう生活が出来なくなりました。そんなときに息子の知人の紹介でプラスサポートさんと出会いました。私のこれまでのお話をしましたところ、引越し費用弁護士費用全て用意いただき、最後には弁護士さんのところまで一緒に行ってくれました。本当にお願いしてよかった。感謝してます。今では心配していた両親と暮らしています。

 
大阪市淀川区 坂本様
私は、平成1年に友人の不動産業者からワンルームマンションを購入しました。今思えば馬鹿みたいな値段でした、万円で広さは約20uで6畳位のワンルームマンションです。マンションは賃貸にしていましたが、一度出たらなかなか借り手が見つからず、家賃も下がる一方でした。仮に借り手が見つかっても、こちらの収入は4.5万円くらいなのにローンの支払いは13万円で維持することが困難になり、だんだんローンの支払いも遅れだし、とうとう「法的手続きに着手する」と銀行から通知が来ました。そんな時現在のプラスサポートの社長と出会い、任意売却によりマンションを処分していただき、手元には、立ち退き交渉代として資金を頂きました。その後債権者は私の債権を放棄し、何の負担もありません。
 
大阪市生野区 多田様
平成6年に生野区にマンションを購入しました。しかしその翌年、阪神淡路大震災により、部屋の中はめちゃくちゃになり、仕方なく実家に身を寄せておりました。そうこうしているうちに子供も幼稚園に行く様になり、何度も引っ越すのはかわいそうなので実家の近くで賃貸マンションを借りました。生野区のマンションは中を片付け、修理して賃貸にしましたが、あるときから家賃が入ったりはいらなかったりしだし、とうとう全然払ってくれなくなりました。おかげで住宅ローンは延滞し、にっちもさっちも行かなくなりました。友人の紹介でプラスサポートさんに相談し、全てをお任せいたしました。まず入居者の退去、滞納された家賃を清算していただき、マンションは任意売却できました。売却しやすいようにと改装工事を施し、スムーズに売却が出来ました。当然私の手元にも資金は頂きました。何から何まで全てやっていただいて本当に感謝しています。ありがとうございました。
大阪市西成区 伊勢様
平成6年に購入したマンションを事情で賃貸にして家賃収入を得ておりました。仕事は順調だったのですが、だんだん調子が悪くなってきました。私は自営業でしたので、月末は支払い、集金の繰り返しです。そんな折に、パタパタと不渡りや未払いに遭い出し、急に苦しくなってきました。当然マンションのローンもストップしてしまい、督促が来だしました。以前から知っていましたプラスサポートさんに連絡を入れました。そしたら賃借人にそのことを知られること無く、また足元を見られること無く、その賃借人の方にマンションを売ってくれました。債権者との交渉も手際よかったですが売り込みの交渉も非常にスピーディーにこなしていただき、本当にお見事でした。もちろん資金も頂きました。
 
大阪市天王寺区 中河様

平成7年に新築マンションを購入しましたが購入後10年くらいのときに住宅ローンの支払いができなくなりました。私は体の調子も良くなく、職を失ってからは仕事もなか;なか見つからず大変な状態でした。そして債権者からの督促が続き、親戚にアセット;バンクさんを紹介してもらいました。全てをお任せし、すぐに任意売却に着手していた;だきました。私のマンションは約50uと部屋は狭く売りにくい物件でしたが、3年間滞納していた約70万円の管理費も清算でき、無事に売却できました。転居も済み、弁護士の先生もご用意頂き、有難うございました。

 
大阪府豊中市 土井様
長男が高校へ進学すると同時にマンションを購入しました。何の問題も無く家族幸せに生活しておりましたが、妻が母親と健康診断を受けたところ妻の方が癌と診断されました。手術も成功しましたし、5年経過後「もう大丈夫です」とお医者さんに言われたにもかかわらず又がんが発見され、妻はすぐに亡くなりました。最初の入院の時にはとりあえず支払わないといけない医療費や一変した生活にいろんなものを購入し、たちまち家計は苦しくなりました。妻が入院しているときは出来るだけ私が世話をし、家では息子の弁当作りから掃除洗濯までしました。そして家計が苦しかったので少しでも多くの仕事をこなしました。その後息子も就職し私の年金とを合わせて生活していました。しかし息子の収入と私の年金だけでは住宅ローンを払って生活する事は不可能でした。そんな折、今度は私が脳梗塞で倒れてしまいました。当然住宅ローンも滞納していましたので、退院してからも矢のような督促でどうすれば良いのかわからない状態でした。そして昨年プラスサポートさんを紹介していただき、転居先の手配から引越し業者の手配まで、もちろん半身が不自由なので梱包も全てやっていただき、退去後は部屋が荒れていたので販売しやすいようにとハウスクリーニングもしていただいたそうです。もちろん私は1円も負担していませんし、逆に資金を頂きました。新しい住まいは部屋数が半分になりましたが、苦しみから解放され息子と2人で仲良く暮らしています。ありがとうございました。
 
兵庫県伊丹市 乾様
私は父が購入したマンションに父と同居しておりました。このマンションには父名義の住宅ローンと私名義の銀行ローン担保がついていました。私は普通に自分の口座からローン返済額が引き落とされておりましたが、父が自分の住宅ローンを払っていなかったのです。しかし私はこのことに全然気づかず、とうとうマンションは競売にかけられました。私が気づいたときにはもう一括での返済しか解決の道は無く、そんなお金も無いので途方にくれていました。そして裁判所での入札日の約3週間前にプラスサポートさんと出会いました。ともかくお任せしました。そしたら管理費の滞納はあり、固定資産税の滞納で差し押さえられ、大変な状態でした。それでも全ての債権者との交渉を期日までに終わらせ、入札日の2日前に探された買主さんとの取引を無事終了できました。;後でお聞きした話ですが住宅ローン債権者の方が「どうしてもと言われるのなら任意売却も結構ですが、どう考えても無理でしょう」と言ってたそうです。私は借金が残らず、転居費用も頂きました。
 
京都市南区 川口様

平成9年に私達家族は大阪府吹田市で分譲マンションを購入しました。
長女が少々お気に入りでしたが考える時間も与えられず、夜自宅に書類を持ってきてわけもわからない間に購入してしまったと言ったところでしょうか。その後、長女は結婚し次女と3人暮らしになりました。そしてゆとりローンの条件変更時期になり支払いはアップしました。夫は退職し、その退職金を返済に充てましたがそれでも返済に苦慮し、娘と別居し私達夫婦は京都で長屋を借りました。ところが家賃を頂いても管理費や固定資産税などを差し引くと大きなマイナスで、年金生活者の私達にはこの支払いは不可能で、滞納し始めました。そしてプラスサポートさんを知人から紹介していただき、貸したままの状態で売却して頂き、私たちは敷金を返還する事も無く逆に資金を頂きました。

 
兵庫県西宮市 片平様
平成8年に新築一戸建て住宅を購入し、夫婦で暮らしておりました。コミッション制の給料でしたがそれがだんだん下がり、やがて住宅ローンの支払いは逆に増え、とうとう滞納し始めました。それまでの職も失い、もうどうにも行かなくなり途方にくれていた時にプラスサポートのプラスサポートさんに出会いました。今の私達には西宮の北部から中心地へ引っ越して高い家賃を支払うことも出来ませんでした。そこで良い方法をご相談したところ、私の義姉のアパートローンで自宅を購入してもらい、それを貸してもらう事にしました。購入に伴う費用も1円の負担もありませんでした。それに月々の支払いは半減し、新しい仕事も夫婦共見つかり、元々自分たちで購入した家を追い出されること無く現在も住み続けています。本当に有難うございました。
 
大阪市福島区 大西様
私は親から相続を受けた古い家に家族で住んで居ました。しかし当時の夫の事業がうまくいかず、借金がだんだん増えてきて挙句の果てにはそれらを返済する為に自宅を担保に消費者金融から多額の借金をする破目になりました。勿論全て私名義で夫と離婚後もこの返済が続き、子供を養いながらもこの返済から逃れられず、必死で働き返済してきました。しかし生活は苦しく返済も滞り始め、最終的に私の家は競売にかけられてしまいました。そしてたまたま友人にこの事を相談したところプラスサポートのプラスサポートさんを紹介されました。競売も進み、時間との戦いでしたが何とか買い手を捜していただきました。転居も私の収入では希望する部屋が借りれなかったのですが、プラスサポートさんがなんとかその部屋に入居できるようにしてくれました。勿論転居に伴う資金も頂きました。
本当に助かりました。
 
阪南市 谷本様
私は平成8年に土地45坪付新築分譲住宅を4500万円で購入しました。借入は3500万円でした。ところが平成12年リストラに遭い、住宅ローンも滞納し始め、困っていた時に知人の紹介でプラスサポート社長プラスサポートさんと出会い、自宅を任意売却する事にしました。査定価格は1200万円、新築後6年目の家がこんなに下がるのかとびっくりしました。しかし、その時点で土地60坪付新築(同じ分譲地)が2400万円程度でたくさん売れ残ってました。私の借入は住宅金融公庫・年金・銀行と3つのローンでしたが第3順位の銀行がサービサーという所に処理を委託し渡しとプラスサポートさんはとりあえずそこへ出向きました。そこで担当者が当社の査定では1900万円、1200万円は安すぎるのでこの話は受けれないとの事でした。プラスサポートさんが「貴方は現場の状況を把握されてますか?それにたとえ1900万円で売却できたとしても御社に配当は無いですよ」と切りf替えしました。その先は省略しますがその日は退散し、結局プラスサポートさんの査定価格にそのサービサーも合意しました。そして時間はかかりましたが最終的に売却できました。
転居の資金も用意していただき本当に助かりました。
 
八尾市 小田様
私は平成14年に新築マンションを購入しました。マンションは既に完成しており、何件かの中から部屋を選びました。会社の通勤も便利で自分なりに気に入っていましたが、不景気の煽りを受け、給料がだんだん減り残業もなくなりました。家族5人の生活費で住宅ローンの支払いが出来なくなり、固定資産税も払えない状態になりました。そんな時プラスサポートを紹介していただきました。市役所からは差し押さえ通知が来ていましたが、市役所へ出向きプラスサポートさんの言うとおりに弁明したところ、差し押さえは待ってくれました。そしてその間に家を売りに出したのですが、不人気な物件でなかなか苦戦したようです。しかし最終的に売却でき転居先もプラスサポートさんの提携業者を紹介していただきました。家賃6.5万円の6DK一戸建て、おまけに車庫が3台分あり、以前の1/3ぐらいの出費です。そして固定資産税も管理費も全て清算していただき、本当に助かりました。子供たちも今の家を気に入っているようです。しかし平成14年に3000万円で購入したマンションが7年後に1050万円ですから驚きです。プラスサポートさんによると私の場合は売れ残りをうまく買わされていたようです。
 

このように再生サポートシステムにより「再生」はもちろんお手元に資金を残す事が可能なのです
そのためにままずは今の現状をいち早くご相談頂く事がとても重要になります。時は一刻を争います。
まずはこちらのお問合せフォームかお電話にてお問合せください。

 
>>個人情報の取り扱いについて    >>会社概要